BLOG AND CAMPAIGN

2016-10-30 18:04:00

 

こんばんは、ダイネーゼ大阪の中屋です。

突然ですが、ブログをご覧の皆さんは“胸部プロテクター”を使っていますか?

 

 

警視庁のHPで「二輪車の死亡事故での損傷主部位」が発表されたのは記憶に新しいですが、

最新の統計でも、変わらず胸部の割合が高いままです。

 

 

 

<二輪車乗車中事故負傷者の損傷主部位>

 

1位 頭部(46.6%)  

2位 胸部(26.5%)  

3位 腹部(7.3%)

 

※警視庁のHPより抜粋

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/2rin_jiko.html

 

 

 

頭部については、約4割(36.8パーセント)は事故時にヘルメットが脱落していたとのことですから、

しっかりとヘルメットを装着して“簡単に脱げてしまわない”状態であれば、怪我をする確率は10.6%しかないということです。

 

こうやって数字を見ると“胸部の守りを固める重要性”が分かりますね。

 

 

 

 

 

そんな胸部プロテクターを推奨する新しい制度が始まっていまして、

『DAINESE』のプロテクターも正式に推奨を受けることになりました。

 

 

 

【JMCA胸部プロテクター推奨ステッカー】

推奨ステッカー-1024x567.jpg

 

 

基本的にダイネーゼでもおなじみの「CE規格」に準じていまして、

★1はCE価格のレベル1に相当、★2は同じくレベル2相当になっています。

 

 

具体的にはこうなっています。

 

 

DOUBLE CHEST  ¥8,400(税込)

IMG_20161030_175849.jpg

 

専用のポケット付きジャケットに適合する、分割タイプの胸プロテクター。

適合ジャケットに付けたままに出来るので、着脱の手間が無く使いやすさもNO.1

 

IMG_20161030_141634.jpg

 

カラーバリエーションもあり、ツーリングライダーに人気のモデル。

このプロテクターは『★1』となります。

 

IMG_20161030_141713.jpg

 

 

 

 

 

CHEST L2  ¥8,400(税抜) 

IMG_20161030_113257.jpg

 

バレンティーノ・ロッシ選手を始めとしてプロライダーも使用する胸部プロテクター。

カラーリングは1種類ですが、体格に合わせたサイズバリエーションがあります(S~Lサイズ)。

 

IMG_20161030_113651.jpg

 

ウェアと身体の間に差し込み、ファスナーをあげるだけのシンプルな使い方なので、

ダイネーゼ製以外の他メーカーのジャケットにも使って頂けます。

 

もちろんサーキット走行メインの方にもお勧めです。

こちらはレースに対応しますので、 『★2』となります。

 

IMG_20161030_141536.jpg

 

 

 

 

 

バイクにとっては「車のシートベルト」に相当するのがプロテクターです。

保険と一緒で、いざという時はプロテクターの有無が大きな違いになります。

 

ご自身やご家族の為にもなりますので、

プロテクターをお持ちでない方は、一度ご検討下さいませ。

 

 

 

 

 

中屋