BLOG AND CAMPAIGN

2017-03-24 10:12:00

3/15 ライディングスクールの風景③からの続き

 

 

 

 IMG_0503.JPG

 

 

休憩を挟みまして、最後はダートコースへ。

今までに学んだことを駆使して走ります。

 

 

IMG_0508.JPG

 

 

墓所によって柔らかい土だったり草の上を走ったり、

雨が降ったので“泥”になっている区間もありましたね。

 

 

IMG_0514-001.JPG

 

IMG_0516-001.JPG

 

 

練習場より路面状況が複雑になってますから、その分だけ難易度もアップ。

横滑りするバイクを制御し、地面の状態に合わせて操作しなくてはいけません。

 

 

IMG_0517-001.JPG

 

IMG_0518-001.JPG

 

IMG_0519-001.JPG

 

IMG_0520-001.JPG

 

IMG_0522-001.JPG

 

 

傍からカメラを構えていると、人によって“身体の使い方”や“走行ライン”が違うことに気付きます。

 

オンロードではここまで極端な違いは出てきませんから、

こんなところも“オフロード”ならではなんでしょうね。

 

 

IMG_0523-001.JPG

 

IMG_0524-001.JPG

 

IMG_0525-001.JPG

 

IMG_0526-001.JPG

 

 

 

そんなオンロードとの違いがある一方で、オンロードと同じセオリーもあったりします。

教習所でも教えてもらう「コーナー侵入前にはしっかり減速」というヤツですね。

 

スピードが低いとバイクの旋回半径も小さくなりますから、

安定したコーナリングには“スピードを抑える”ことが大事です。

 

IMG_0527.JPG

IMG_0528.JPG

IMG_0529.JPG

 

教官が生身で実演されてましたが

「コンパクトにコーナーリングできた方が結局速い」

ということですね。

 

 

 

 

 

一方で“オフロードならではのやり方もありまして、

『バイクの向き変えにスライドを利用する』というものがあります。

 

IMG_0548.JPG

 

IMG_0551.JPG

 

コツを覚える必要がありますが、上手くできれば“コンパス”の様にクルクル向きを変えられます。 

 

IMG_0543.JPG

IMG_0544.JPG

 

“タイヤがグリップしない”ことを逆手に取っている訳ですね。

中屋は“自由自在”とまでは出来ませんが、参加された皆さんはどうだったでしょうか?

 

 

 

 

 

最後の締めにダートコースを逆走。

 

IMG_0552.JPG

 

IMG_0555-001.JPG

 

IMG_0557.JPG

 

IMG_0559-001.JPG

 

IMG_0561-001.JPG

 

IMG_0562-001.JPG

 

IMG_0564-001.JPG

 

IMG_0567-001.JPG

 

行きと同じコースながら走行ラインを変える必要もあり転倒された方も・・・、

最後まで気の抜けないレッスンでした。

 

 

 

 

 

以上でレッスンはすべて終了。

一日を共にしたバイクを洗車・片付けて、スクールの全行程も終了となります。

 

 

IMG_0569.JPG

 

IMG_0571.JPG

 

IMG_0573.JPG

 

蜀咏悄 2017-03-15 16 32 58.jpg

 

 

 

 

 

スクール終了後に、恒例の記念撮影。

 

IMG_0577.JPG

 

参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。

 

初のオフロードということで、オンロード上では感じなかった改善点など気付かれた事も多いんではないでしょうか。

(中屋も今回のスクールでは色々と勉強になりました)

バイクがさらに楽しくなる知識ばかりでしたから、今後のバイクライフに役立てて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

改めて、今回のスクールへのご参加ありがとうございました。

次回はスクールの開催日程などほぼ決まってますので、近日中に次回のご案内をさせて頂きます!

 

 

 

それでは今回はこれにて。

 

 

 

 

 

中屋