BLOG AND CAMPAIGN

2017-05-15 10:11:00

 

バイクシーズンも“たけなわ”ですから、クローゼットに眠らせていたウェアを出して大いに楽しまれているかと思います。 

しかし、久しぶりに使うウェアの「思わぬ破損」に見舞われてしまった方もいらっしゃるのでは?

 

IMG_1640 (1).JPG

 

私の友人もそんな羽目に遭ったようで、愛用していたジャケットの修理の相談を受けまして、

今回はそんな修理のお話し。

 

この友人はかなりのツーリング好きで、このジャケットも相当使い込んだとのこと。

(約10年モノ)

本人曰く“メンテナンスはしていない”そうですが、レザーに劣化はあまり無くまだまだ着られる状態です。

 

しかし・・・

 

IMG_1642 (1).JPG

IMG_1643.JPG

IMG_1644 (1).JPG

 

ファスナーの引手や一部のボタンなど“金属製”のパーツは擦り切れたりで破損・脱落。

使用年数・頻度にもよりますが、さすがに消耗が見られます。

 

IMG_1655.JPG

 

こんな状態だとなかなか気軽に着られなくなりますが、

ダイネーゼの正規ディーラーなら“補修用パーツ”を常備しているので、実はすぐに直すことができます。

 

 

 

IMG_1646 (1).JPG

IMG_1647 (2).JPG

IMG_1648 (2).JPG

 

修理の所要時間は、一箇所につき5~10分。

お持込みならその日にお返しできます。

 

(来客状況などにはすぐに対応できない場合がありますので、

予めお電話などでご一報くださいませ)

 

 

 

IMG_1645 (1).JPG

 

友人は近々ロングツーリングに行くそうで、早速このジャケットを着ていくそうです。

 

まだまだバイクシーズンもたけなわですが、ご愛用のウェアに“不具合”が見つかりましたら、

お早目にご相談くださいませ。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

中屋