BLOG AND CAMPAIGN

2013-11-22 20:00:00

11/20に鈴鹿サーキット南コースにて、

 

オーテック鈴鹿様主催のライディングスクールに参加して参りました。

少し肌寒さを感じる気温の中、

 

約35名が参加されました。

 

 

私・中屋はサーキット走行経験者向けの“ジュニアクラス”に参加したのですが…

 

なんと、DAINESE PRO SHOP NAGOYA林マネージャーも参加されていました! 

(お互い参加することは知らなかったので、ビックリしました。 しかも同じクラスでした)

 

他にも名古屋のお客様もいらっしゃいましたし、

 

D-STORE OSAKAのお客様もいらっしゃってました。 

(知っている方が多かったので、余計なプレッシャーが^^;)

 

 

 

 

 

さて、スクールの講習ですが

 

座学・パイロンスラローム・南コースの走行を織り交ぜたものになっています。

 

 

座学では、乗車姿勢からブレーキのかけ方、走行するラインの取り方など、

 

バイクはなぜ曲がるのか、どうしたら曲がるのかといった

 

理論から操作の仕方の基本をしっかり教えてもらいます。

 

 

 

 

 

パイロンスラロームでは、

・フロントブレーキは基本的にはゆるく・長く使う。

 

・操作のメリハリはしっかりと。

 

・パイロンの位置から走行ラインを思い描いてブレーキング開始。

 

・ブレーキの時にも姿勢はしっかりくの字に曲げて減速Gに耐え、セルフステアを妨げない。

 

・ブレーキを引きずりながら旋回し、クリッピングでアクセルを当てながらリリース。

 目線だけでなく、体もバイクを進ませたい方向に向ける。

 

・ブレーキリリースの時にはフロントフォークの伸びを妨げないようにする。

 姿勢も加速する体勢に。

 

・次のパイロンへ向けてラインを思い描く。

 

こういうことを意識してこなしていきます。

 

 

 

 

 

順番は前後しますが、

 

実際にコースに出てさらに実践。

 

 

 

 

時にはお手本を見せて頂いたり。

こんな間近で見れる機会はそうそうないので、

 

非常に勉強になります!

ラインの取り方ひとつで走りやすくなり余裕ができるので、

 

タイムを縮めるだけでなくリスクも減らせることが

 

よく分かります。

 

 

 

 

 

最後には南コースを15分×2本のフリー走行をするという

 

充実した内容のスクールでした!

 

自分の走り方が基本から離れてしまっていることも確認できました。 

 

 

今後もこういったスクールに参加していこうと思いますので、

 

興味のある方はご一緒しましょう!!

 

 

 

 

 

最後に…

 

こちらのPANIGALEにお乗りの方に前を走って頂いたおかげで、

 

このバイクの乗り方が少しですが分かってきました。

 

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

皆さんも安全に楽しくバイクを楽しんでいってくださいね!

 

それでは。