BLOG AND CAMPAIGN

2014-01-23 16:00:00

左:STREET BIKER D-WP ¥23,940

右:STREET LITE ¥16,800

 

どちらも大人気の新作シューズなんですが、

 

名前からして似ていることもあり

 

「どう違うの?」というお問い合わせを頂きましたので、

 

ちょっと解説します!

 

 

 

 

 

まずはつま先から!

左が“STREET BIKER D-WP”で、右が“STREET LITE”です。

 

 

 

シフトガードの形はほとんど一緒ですが、

 

STREET BIKERがファブリックなのに対して

 

STREET LITEはスエードになってます。

 

 

 

 

 

次は、足の甲の“タン”の部分です。

STREET BIKERは完全防水なので、

 

この部分には穴などはありません。

雨水が浸入しないよう、仕切りが付いてます。

 

 

 

対して、STREET LITEは通気しやすいようにメッシュになってます。

 

 

 

 

 

次は、くるぶし周りからかかとにかけて。

左のSTREER BIKERは、くるぶしに丸く型押しがあって

 

ハードプロテクターが組み込まれていますが 

 

STREET LITEには付いていません。

 

リフレクター付きのヒールカップは、両モデルともに付いてます。

 

 

 

 

 

さらには、内側の構造も違ってまして…

 

STREET BIKERはクッション性の高い、厚みのあるパッドになっていて、

 

保温性能も高められています。

 

 

 

STREET LITEの方はシンプルな構造ですね。

 

シンプルな分、重量も軽く仕上がってます。

 

 

 

 

 

ソールにも違いがありまして…

 

左が“STREET BIKER D-WP”、右が“STREET LITE”です。

 

デザインがほぼ同じですが、“硬さ”が違ってます。

  

比較すると、STREET BIKERの方が硬めです。

 

 

 

柔らかい方が歩きやすさは上ですが、

 

ある程度硬い方がシフト操作がやりやすくなり、

 

疲れにくくなるという違いもあります。

 

 

 

 

 

STREET BIKER D-WP ¥23,940

 

STREET LITE ¥16,800

どちらも“街乗り”を想定したモデルですが、

 

こんなに違いがあるんですよ!

 

 

 

…とはいえ、画像や文章だけだと

 

ピンとこないところもあると思いますので、

 

実際に触り比べて頂きたいと思います。

(やっぱり百聞は一見にしかずですよ!)

 

 

 

でわ。