BLOG AND CAMPAIGN

2014-02-06 18:00:00

皆さんこんにちは。

 

 

 

今回は、なかなか見ることの少ない“ブーツのソール部分”を見て頂こうと思います。

 

 

 

DAINESEでは、色々な用途向けのブーツがたくさんありますが、

 

実はソールにも様々なバリエーションがあるんです。

 

 

 

例えば、レーシングブーツなら…

 

こんなデザインになってます。

厚みを抑えたソールで、素材も少々固めになってます。

 

 

ブレーキ・シフトペダルへの操作性や感触の分かりやすさなどを

 

重視してます。

 

 

 

ちなみに、“DYNO”シリーズなどのレーシーなシューズも

 

同じものが採用されてます。

 

 

 

 

 

これが、ツーリングブーツになりますと…

 

こんなデザインに変わります。

スポーツタイプと比べて厚みが増え、素材も少し柔らかいものになります。

 

 

クッション性が高くなって疲れ難くなったり、

 

“濡れた路面”で足を滑らせない様なパターンになります。

 

 

ロングツーリング向けですね。 

 

 

 

 

 

でも、同じくツーリング向けでもショートタイプのブーツでは…

 

ソールもこのように変わります。

こちらは、元々はレーシングブーツにも採用されていたソールになってます。

 

スポーティに走るショートツーリングの時など、

 

操作性の良さを意識したチョイスになってます。

 

 

 

他にも変りダネがあります。

 ここ最近の“ストリート向け”のシューズに使われているソールです。

 

こんなモデルに使われてるのですが…

 

実は、この「STREET BIKER D-WP」に使用されているものだけ“固く”なってます。

見た目はストリート向けでも、しっかりとしたライディングシューズとしての硬さになってます!

 

 

 

 

 

今後、ブーツを選ぶときの参考にしてみてください!!

 

 

それでわ。