BLOG AND CAMPAIGN

2014-11-20 17:30:00

皆さんこんにちは。

 

昨日のライディングスクールに参加された皆さんはお疲れ様でした!

頑張りすぎて筋肉痛の方が多数かと思いますが、

(私・中屋も主に背中が筋肉痛です^_^;)

楽しんで頂けましたでしょうか?

 

早速ですが、昨日撮影した画像をアップしていきますので、

レッスン内容を思い出しながら見て頂ければ幸いです(^_^)

 

 

 

~11/19 スクール当日の風景~ 

暑くも寒くもなく、文句なしのスクール日和。

きっと参加者の中に晴れ男・晴れ女が沢山いらっしゃったのでしょう。

 

 

今回の参加者数は合計35名。

かなり大人数となりました。

皆さんモチベーションが高く、

しっかり教官の説明に聞き入っていました。

 

 

オリエンテーションが終わりましたら、今度は外で柔軟体操。

バイクでもスムーズな操作や、転倒した時も柔軟性が大切ですので念入りに。

それにしてもいい天気! 軽く暑いほどで11月とは思えませんでした。

 

 

準備体操が終わればプロテクターの確認。

このスクールは「普段なかなか試せない操作」なども行うので、

転倒してしまうこともあり得ます。

ハードプロテクターでない装備の場合、ここで貸し出しのプロテクターを装着します。

やはり安心感が違いますからね。

(貸出プロテクターを使われた皆さんは、次回はDAINESEのプロテクターを使ってみてくださいね^^) 

 

 

 

 

 

続いては“受け身の取り方”

“転倒してしまった”時も、ケガをしにくいコケ方がありまして、

↓こんな風に流れに逆らわないよう、ゴロゴロと転がるわけです。

皆さんなかなかの転がりっぷりでした(^^)

 

 

さて、体の準備が完了したら、今回のスクールで使用するバイクを選びに行きます。 

 

何種類もある中から、お好きなものを選んでいきます。

この一日のお世話になるバイクなので、皆さん真剣です。

 

皆さん納得のいく相棒は見つけられましたでしょうか?

 

私は自分の愛車(1199パニガーレ)に近い乗車姿勢のバイクを・・・ということで、

この「CBR600RR」を選びました。

 

 

バイクが決まれば各部を点検。

ブレーキパッド・タイヤなど消耗部品から、レバー類の曲がりの有無・位置の調整など。

破損があると操作性にも影響しますから、入念にチェックです。

 

 

 

バイクの準備も終わりましたら、いよいよコースへ。

教官に従って、ヘルメット・グローブを装着!

いざ、スクール開始です!!

 

 

 

 

 

パート②へ続きます