BLOG AND CAMPAIGN

2015-08-25 18:09:00

 

01d8ae2b87a5370190e5827dc45ad1f7eece1a6572.jpg

 

ニューモデルのレザースーツが入荷しました。

その名はVELOSTER。ヴェロスター。

今までには無かったアシンメトリーデザインが目を引きます。

アシンメトリーとは非対称という意味です。

 

装備がいい割には価格もお得なのもGOOD。

148000円(税別)

装備内容を考えたら+4万円でもおかしくない。

 

 

 

 

017de92bedb209c5f1c8d193a02efdaea2d648460d.jpg

このツナギの特徴は、

上位モデルに採用されている、

● BI-AXIAL構造

●ブーツイン対応設計

です。

 

BI-AXIAL構造とは、

全体に使用されているシャーリングを、「わきの下〜腰」「肩甲骨裏」の2つに分割して縫い合わせることで、最高の動作性能を引出します。

動きやすさは抜群です。

スムーズなライディングができます。

 

ブーツインとは、

皆さんご存知のブーツをスーツの中に入れるタイプです。

ロッシみたいな感じです。

勿論、通常のブーツアウトも可能です。

 

肩には外付けのアルミニウムプロテクターも付いています。

このプロテクターの意味は、転倒した時に滑らせるためのものです。

型が通常のレザーの場合、転倒して擦るとレザーが地面に引っかかり、鎖骨などの骨を折ってしまいます。

アルミニウムプロテクターがあることによって、地面との摩擦を極力減らし、骨折の可能性を低くする意味があるのです。

 

01734cee6c86b67c4bea816fef663b985ead568477.jpg

 

 

 

015224389f83f86883d5b5cb08f2da766e8eb11b2b.jpg

 

 

 

 

013ca5e1c0a566da88b7a56ce7dfa66c0cc934147a.jpg

 

入荷したカラーリングはこの3種類。

どれも特徴があってカッコいいです。

 

 

 

016470186ca5dae61cd83680071d7de950567e632e.jpg

ひざ下のデザインも右と左で違うので、

ブーツはやっぱりインタイプの方がよりカッコよさを出せますね。

 

ダイネーゼは見た目だけではなく、「安全と性能」をを基本に作っています。

転倒してもプロテクターが体を保護し、最小限のダメージで収まるように設計されています。

 

こういう私も自身で体験しています。

鈴鹿サーキット①コーナーを160km/hで転倒しましたが、打身のみで骨折は有りませんでした。

そのかわり、スーツもグローブもブーツもボロボロです。

完全に身代りになってくれました。

こういう経験をすると、ダイネーゼから離れられません。

 

いつも思いますが、

「安全が確保されて初めて、心の底からバイクを楽しむことが出来る」のです。

 

今ならこのレザースーツは店舗にございますので、ご試着もできます。

ぜひお試しください。

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

中村