BLOG AND CAMPAIGN

2015-09-04 08:50:00

 

HMS_150902_001.jpg

今回で第4回目となる、

 

「ダイネーゼライディングレッスン」

 

9月2日、鈴鹿サーキット 交通教育センターで行われました。

こちらでは普段からスクールを行っておりますが、

ダイネーゼ企画の場合は特別メニューとなっています。

 

 

am11:30.

 

集合。

そして、とりあえずみんなでランチ。

 

 

HMS_150902_003.jpg

 

 

 

 

HMS_150902_004.jpg

レッスン前の腹ごしらえ。

 

ここで食べる量が、後から影響してきます。

少なくても、多くても。

いかに自分を抑制しコントロールできるか。

ここからレッスンは始まっているのです。(嘘)

 

 

 

 

IMG_8779.jpg

 

 

 

IMG_8781.jpg

まずは簡単な説明と、

皆さんの自己紹介。

 

 

 

 

IMG_8783.jpg

 

プロテクターをつけて、準備体操。

 

しかし暑かったですね~。

この日、前日までは雨予報でした。

当日ピーカン!

気温上昇!

そして汗だく。

 

 

 

 

 

 

 IMG_8797.jpg

転ぶ練習。

 

これが大事。

転ぶということに抵抗を無くすためらしいです。

転ぶことに慣れていないと、

転倒した時に手で支えようとしたり、足で支えようとしてしまい、

怪我をしやすくなるそうです。

だから手足を縮めて、ゴロンと転がることに抵抗が無いようにするための練習だそうです。

確かにそうですね。ほほぅ。

 

 

 

 

 

IMG_8793.jpg

 

足元決まっています!

ダイネーゼ!

 

 

 

 

 

 

IMG_8798.jpg

 

バイクを選びます。

250cc~1100ccのホンダ車がずらり。

 

早く走りたい人は250ccを選ぶ方が多いです。

なぜならば、軽いのでパイロンスラロームで左、右、の切り返しが早くできるからです。

軽いに越したことは有りません。

 

ですから、軽いバイクで右左のヒラヒラ感を体で覚えて、

それを大型バイクでどれだけ近づけることが出来るかがポイントです。

 

「軽いヒラヒラ感」を体感しているのとしていないのとでは成果が全く違います。

オリンピックの水泳選手は、世界記録のスピードを体感し体で覚える為にロープで引っ張って泳ぐらしいです。

「この速さが世界記録なんだ」という感覚を体に覚えさせるために。

覚えた後はロープを外し、自分の泳ぎをその感覚に近づける練習やトレーニングをするそうです。

 

バイクも同じですね。

バイクはロープを付けるわけにはいきませんので、

軽い、扱いやすいバイクでコーナーリングの感覚を体に覚えさせ、

大型バイクでその感覚に近づける練習をする。

同じです。

 

このようなスクールで習うことを「レッスン」と書きましたが、

これはまさに修行です。

バイクをうまく乗るための修行場です。

 

「何回もスクール通ってもなかなかうまくならない」

なんて声を聴きます。

そんなに簡単にうまくはなりません。

何度も「修行」し、自分のバイクでも意識して乗るようにすれば上達すると思います。

サーキットを走るプロのライダーだって、毎日8の字の練習するくらいですから。

 

でも、たしかに手ごたえが無いとへこみますよね。

ここでわたくしの好きな言葉を紹介します。

<修業とは、長期的な「意味のわからないルーティーン」を反復することである>

これは私が本で読んだ内田樹氏の言葉です。

この言葉大好きです。

この「意味のわからないルーティーン」というところがポイントですね。

「これをやって何になるんだ」、「こんなの無駄だ」と思えるくらい意味のわからないことをし続ける。

それがいつの日にかは成果として現れるそうです。

それが成果が出る修行だそうです。

 

ですから、「こんなにパイロンスラロームやってもうまくならないし、本当に上達するのか?」と思いながらもやり続けることが大切なのです。

諦めない。

それが出来た人だけが上達するのです。

 

 

 

 

 

話が脱線してしまいました・・・

本題に戻ります。

 

 

 

IMG_8800.jpg

 

 

 

IMG_8801.jpg

 

 

 

IMG_8803.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_8804.jpg

自分が乗るバイクをチェック。

 

本当は自分のバイクでも普段からしなければいけないですね。

 

 

 

 

IMG_8810.jpg

 

 

さぁいよいよ始まります!

 

つづきは②で。

 

では。