BLOG AND CAMPAIGN

2016-07-28 10:40:00

皆さんこんにちは。

 

 

 

今回のブログは、昨日7/27に開催しました“ダイネーゼ大阪&名古屋ライディングスクール”

のレポートをお送りします。

IMG_3620.JPG

第5回目を数えます今回のスクール。

 

 

 

7月末開催ということで、猛暑の中でのスクールとなるか・・・という懸念はありましたが、

当日はご覧の曇天。

IMG_3749.JPG

自然のカーテンが直射日光を抑えてくれるという、

見た目とは裏腹に好条件でのスクールとなりました。

 

 

 

 

 

参加者は総勢15名。

IMG_3626.JPGIMG_3627.JPGIMG_3628.JPG

IMG_3630.JPGIMG_3631.JPGIMG_3633.JPG

IMG_3636.JPGIMG_3638.JPGIMG_3640.JPG

IMG_3642.JPGIMG_3645.JPG

ライディングスクールが初めての方から、常連さんなど。

こんな時期でも「ガッツリ練習したい」というパワフルな方々に参加してただきました。

 

 

 

 

 

ブリーフィングと自己紹介が終わりまして、まずは準備運動。

バイクに乗ることは“スポーツ”ですから、不意のケガを防止するためにも欠かせません。

IMG_3653.JPG

IMG_3657.JPG

IMG_3660.JPG

曇っているとはいえ、体を動かすと汗ばむくらいには暑いです・・・

でも、バイクの操作にも柔軟さは必要なので、暑くてもキッチリこなします。

 

 

 

 

 

続けて、オトナにはちょっとハズカシイ?受け身の練習。

IMG_3671.JPG

IMG_3680.JPG

IMG_3685.JPG

これも大事な練習で、転がることで転倒する事への“恐怖感”といいますか“抵抗感”といいますか、

心理的なの抵抗を減らす効果があるようです。

 

こうやって予行練習をして、とっさにコロコロ転がれるように体験しておくわけですね。

 

 

 

他にも、柔道の“受け身”動作は逆に危険というお話もありました。

畳の上と違って、アスファルトは硬くてザラザラですから、手をついたら危ないというワケです。

 

 

(中屋も学校で柔道を習った覚えがあります。 とっさの受け身なんて出来ませんが・・・)

 

 

 

 

 

さて続いては1日を共にするバイク選び。

教官からバイク選びのポインのレクチャーを受けて、自分でバイクを選びます。

IMG_3688.JPG

色々な車種がある中から、乗りやすさや車体の重さ、ライディングポジションなど、

選ぶポイントは人それぞれ。

 

そこからさらに、個体ごとの消耗具合もチェック。

転倒ダメージ・ブレーキパッドやタイヤの残量など、状態のいい個体を探していきます。

IMG_3689.JPG 

そうやって選んだバイクも適正な“空気圧”でなければ宝の持ち腐れ。 

必要ならコンプレッサーもあるので空気を入れましょう。

 

 

どれも普段からやっておきたいことばかりですね。

IMG_3690.JPG

それではスクール開始です!!

 

 

 

レポートへ続きます。