BLOG AND CAMPAIGN

2016-08-02 11:22:00

 番外編からの続き

 

 

 

 

ランチを頂きましたら、午後からはコーススラローム。

複雑なコースを先導付きで覚えるところから始まります。

 

IMG_3799.JPGIMG_3800.JPG

 

3週ほど走ってコースを覚えたら、後はひたすら走ります!

 

IMG_3801 (1).JPGIMG_3802.JPGIMG_3803 (1).JPGIMG_3804.JPG

 

 

午前中に覚えた技術をフルに使わないと、スムーズに走れません。

ここでも個別にアドバイスが貰えます。

IMG_3810.JPG

 

 

 

IMG_3805.JPGIMG_3807.JPG

IMG_3812.JPG

 

なかなか難易度が高いですが、上手く走れた時の“達成感”は格別。

「コーススラロームが一番楽しい」という声も多いですね。

 

 

 

 

 

さて、コーススラロームも楽しいですが、以前書いたように“基本をじっくりやる”のが今回の目的。

何人かの方には“特設8の字コース”を走ってもらったりしました。

IMG_3814.JPG

IMG_3816.JPG

12メートルの間隔のパイロンを使って、

ひたすら8の字を描きます。

 

IMG_3813.JPG 

ブレーキングのタイミングや体の使い方など、

ちょっと違うだけでバイクの挙動は変わってしまいます。

 

「さっきは上手く走れたのに、一つ前の周回では旋回半径が大きくなってしまった」

 

こんな結果になることもありますが、

単純な操作を繰り返しているだけなので、何が違っていたのかはすぐに分かります。

 

 

 

改善策が分からなければ、教官に聞いちゃいましょう。

 

IMG_3817.JPGIMG_3819.JPG

 

休憩時間でもバッチリとアドバイスが貰えます。

 

 

 

“8の字”から戻ってきた方は、さらに自信を持った走り方になっていたと思います。

 

IMG_3822.JPGIMG_3823.JPG

 

ステップを「ガリガリ」擦る音も、聞こえる回数が増えていましたね。

 

IMG_3835.JPGIMG_3835.JPGIMG_3836.JPG

 

後から写真を見返すと、バンク角も首の向きも全然違います。

 

IMG_3838.JPGIMG_3839.JPG

 

パッと見で分かる程ですから、ご本人はかなりの違いを体感されたんではないでしょうか?

 

 

 

 

 

さて、“まだまだ走り足りない!”という方も多かったですが、

これにて今回のスクールは終了です、

IMG_3849.JPG

 

最後に記念撮影をしまして解散となりました。

IMG_3853.JPG

参加して頂いた皆様、厳しい暑さにも負けずに大変お疲れ様でした。

 

次回のスクールの日程は未定ですが、近々告知させて頂きますので、

次回もぜひご参加くださいませ。

 

 

 

 

 

中屋