BLOG AND CAMPAIGN

2017-03-06 10:07:00

 

皆さんこんにちは。

 

2月が過ぎてまだ一週間ですが、日に日に暖かくなっていくのが実感できますね。

(今日の大阪は雨が降りましたが、雨の匂いも変わったように感じます)

 

「次の週末はツーリング」という方も増えていますが、

今回はそんな方へのオススメバッグのご紹介です。

 

 

 

D-TAIL MOTORCYCLE BAG  ¥17,500(税抜)

IMG_0895 (1).JPG

 

 

すっかり定番&人気商品になりました、バイク用のシートバッグ。

 

ダイネーゼでは今まで“バイクに取り付けるバッグ”が無かったのですが、

バッグ専門ブランド“OGIO”とのコラボ商品ということもあり、完成度の高さに驚かれる方が多いです。

 

 

IMG_0899 (1).JPG

 

 

通常時でも20リットルの容量がありますが、マチを広げると26リットルの大容量まで拡大。

強風でも外れることの無い(バッグ本体と接続されてます)レインカバーも収納されています。

 

 

IMG_0900.JPG

IMG_0901.JPG

 

 

容量が多い分、バッグも大型になりそうなものですが、

実際にはそうは見えないコンパクトさになっています。

 

≪バッグの実寸(バイクに設置した状態で計測)

●横幅:30cm

●前後長:35cm

●高さ(マチを開いた状態で):19cm

 

 

 

<バイクへの装着イメージ> 

IMG_0910.JPG

IMG_0912.JPG

 

 

 

 

 

D-SADDLE MOTORCYCLE BAG  ¥25,000(税抜)

IMG_0902.JPG

 

 

もう一つの人気バッグも“OGIO”とのコラボ商品。

シートの左右に振り分けるサイドバッグです。 

 

 

IMG_0903.JPG

 

 

このバッグも容量拡大の機能が付いてまして、通常22リットルから30リットルまで広げることができます。

同じくバッグ本体と一体型のレインカバーが付いてますから、突然の雨でも荷物を濡らしません

 

 

IMG_0904.JPG

IMG_0905 (1).JPG

 

 

こちらも最大30リットルという容量ながらも、

程良い大きさに収まっています。

 

≪バッグの実寸(バイクに設置した状態で片方のみを計測)

高さ:27cm

前後長:43cm

横幅(マチを開いた状態で):22cm

 

 

<バイクへの装着イメージ>

IMG_0906.JPG

IMG_0907.JPG

 

 

 

 

 

ちなみに、ご紹介した2種類のバッグは同時取り付けが可能で、 

両方取り付けると、↓このようになります。

 

 

<バイクへの装着イメージ>

IMG_0908.JPG

IMG_0909 (2).JPG

 

さすがにボリュームが感じられますが・・・

併せて50リットルも入ってしまいます。

 

そろそろ長距離ツーリングが楽しめるシーズンですから、

バイクの“積載性向上”をお考えの方は、一度ご覧になってくださいませ。

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

中屋