BLOG AND CAMPAIGN

2017-05-30 10:03:00

 

皆さんこんにちは。

 

日本でもダイネーゼのエアバッグシステム『D-Air』が発売され、

かれこれ1年ほど経ちまして、少しずつ普及してきたように思います。

 

 

 

しかし、“ワイヤレス”で“GPSなどの7つのセンサーでモニタリングして~~”などなど。

 

他メーカーでは見られない独自のエアバッグシステムなので

「エアバッグが開くとどうなるの?」

といったご質問を頂くこともまだまだ多いです。

 

 

 

ですので、改めて『D-Air』をご紹介させて頂きます。

 

 

 

その① エアバッグは“外側には飛び出ない”

 

ご存知の方は「そんなことか」と思われるかもですが、

他メーカーの製品は“ウェアの外側に取り付ける”方式が多いので、

『D-Air』も“エアバッグが外に飛び出して、身体を覆って守るもの”と勘違いされる方が多いようです。

 

 

最初期に実戦投入された“プロトタイプの『D-Air』”のイメージが大きいのかもしれませんね。

 

 

こっちは昨年の『D-Air』の紹介動画ですが、実際はこのように稼働します。

(1分10秒くらいからご注目下さい)

 

 

 

 

 

その② 『D-Air』が稼働しても“本人は気付きにくい”

 

どういうことかと云いますと、先ず『D-Air』では“エアバッグの膨張が30ミリ秒”という一瞬で行われます。

(人間のまばたきの速さが100~150ミリ秒と言われてますから、三分の一より短い)

 

さらに、エアバッグが膨張する瞬間のライダーは“非常に忙しい”ので、

(なんとか転倒を回避しようとしたりしている真っ最中)

『D-Air』が稼働したか“知覚するヒマが無い”ということです。

 

エアバッグが開くと、スーツのLEDが“赤い点滅”を出すようになり、後から確認可能です。

IMG_1718 (1).JPG

 

 

 

 

 

他にもあまり公表されていない情報もありますが、

『D-Air』についてさらに詳しく知りたい方は、一度お問い合わせ下さいませ。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

中屋